温泉 HOTSPA

蔵王源泉 おおみや旅館

  • 023-694-2112
  • ご宿泊予約
Menu

石垣より湧き出ずる源泉掛け流し

平成21年5月25日に浴室がリニューアルいたしました。おおみや旅館のお風呂は、100%源泉掛け流しの天然温泉です。湯ノ花が舞い、その温もりに抱かれて心の紐がゆるりゆるりとほどけていくよう。 硫黄の香りが漂うお風呂で、源泉掛け流しの贅沢をご堪能ください。

玉子風呂

湯船が玉子型になっており、足触りの柔らかい全て木造りです。
2面が大きなガラス窓で開放感たっぷりです。

源泉風呂・泡風呂

木の香り漂う、美肌作りと若返りに効果のある薬風呂です。

源泉露天風呂

石垣より沸き出ずる乳白色の源泉を、 直接浴槽に引いた露天風呂です。
※露天風呂は冬期間は閉鎖いたします。

泉質と効能

泉質 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性酸性高温泉)
効果効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症
蔵王温泉入浴の
注意点
・泉質上、熱く感じるので必ずかけ湯をしてください。
・脂分が落ちやすいのであまりゴシゴシこすらない。
・温泉が目に入ると大変痛みます。
・飲泉は出来ません。
・酸性が強いので貴金属が黒く腐食します。アクセサリーは必ず外してください。
・衣類に温泉が付着すると傷みます。湯上がりには身体を良く拭いてください。
・泉質上、床や湯ぶちが滑りやすくなります。転倒注意。

蔵王温泉のご紹介

蔵王温泉のイメージ

蔵王山の北西(標高900m)に位置し、スキー場と樹氷で知られる蔵王温泉。
蔵王温泉は、開湯西暦百十年、いまから1900年ほど前、日本武尊の東征に従った吉備多賀由により発見されたという伝説が残る日本最古の温泉地のひとつです。
多賀由が、矢の毒を癒すために入浴したところ、たちどころに傷は全快したという伝説が残っています。その発見者の名から多賀由温泉と呼ばれ、その後高湯温泉と改め、さらに蔵王温泉と名前を変え、現在に至ります。

蔵王温泉の一日に噴出す湯量は、1分間に約5700リットル、一日8700トン!
この豊富なお湯のおかげで、蔵王温泉のどこへいっても温泉が楽しめるわけなんです。
蔵王温泉の泉質は、強酸性の硫黄泉です。効能は、特に皮膚病に効くことから、『子供が丈夫に育つお湯』として知られています。
また、肌を白く滑らかにする効果もあるため『美肌の湯』として人気の温泉です。